So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

コクティーにある家系ラーメンを食す壱角家国領店 [東京都調布市]

外は灼熱の真夏日にあえて家系に入店。

DSC_1458.JPG


焦がしにんにくの風味とマー油のコラボレーション。

表面はてかてかの油で覆われているが、

それはスープが覚めないよう蓋がされている。
もはやこんな日に蓋は不要だが。

申し訳なさそうなうずらの卵が一つと
家系ラーメンにはかかせないほうれん草と海苔が3枚。

麺固めで注文したものの、
どうやらもともと伸びにくい麺を使用しているらしく、
若干芯が残るくらいの歯ごたえであったため、
固さは普通でもよかったかなと少し後悔。

麺とスープはよく絡んでいて、
麺をすするだけでもスープが入ってくる。


多少しょっぱいと感じても、
そこは柔らかく茹でられた青臭いほうれん草で中和される。

後半戦、

味を変えたくなってもカウンターには
無料の調味料が豊富にラインナップされている。

刻み玉ねぎ、豆板醤、にんにく。

刻み玉ねぎはしゃきしゃきとした食感を楽しめる一方で、

濃くなったスープをマイルドにしてくれる。


そして、
どろどろになった血液までも
サラサラにしてくれるのだから

ラーメン愛好家にとっては欠かせない
トッピングアイテムであることは言うまでもない。

ご馳走様でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

柴崎にあるHAGGYというラーメン屋 [東京都調布市]

柴崎にあるHAGGYというラーメン屋さんへ訪問。


既客は2名。カウンターに6席ほど空席があった。


あまりにも暑かったため、

この暑さでラーメンは流石に無理と思い、

ちょうど辛つけ麺があったので、辛つけ麺をオーダー。


詳細は以下の通り。

麺の量:大盛(400g)

辛さ:三段階中で一番辛くないやつ

料金:980円


待つこと10分くらい。


その間に他の客が次から次へと入ってきて、

気が付いたらカウンターしかない席が満席になっていた。


着丼してからの印象は、
見た目は赤く光っていて辛そうなイメージ


スープは赤く、
恐らくラー油であろう表面の油が反射して光っていた。

麺は中太平打ち麺で、
麺の周りは若干半透明のようでもあった。

DSC_1459.JPG

さっそく箸で麺を掴み、
スープの中に入れようとしたが、
箸が滑ってなかなか掴みにくかった。

箸の先はギザギザになっていたが、
麺の重さの方が勝っているため何とも掴み辛い[涙][波]


「う~、割りばしがあれば。。」

なんとか麺を掴みスープへ投入し、

一口食べてみると、見た目のスープの色とは反対に、

全く味がしない。

麺はツルツルしこしこしていて、のど越しは文句ないが、
スープに全く浸透していかないようだった。

スープと一緒に麺を食べようとすればちょうどよい味加減になる。


スープには他に、ゴマ、ネギ、メンマ、
チャーシューが入っていた。


具と麺を絡ませて一緒に口の中に持っていけば、

美味しく味わえるというコツを食べているうちに覚えた。


食べ方が分かってきたところで
チャーシューを一口食べてみたところ、

「これはうまい!」

例えるならローストビーフの様なジューシーなチャーシューだった。


脂身が少なく、
ローストビーフの赤身部分を食べているような感じでもあった。


このチャーシューが2枚も入っていた。


これなら次回はチャーシュー麺系にしたいと思えるくらいであった。

普通、
私くらいの年になるとチェーシューは油が多くて敬遠しがち。


麺も半分くらい無くなり、
終盤へ差し掛かる。

そこで卓上にある、
ニンニク、酢を入れてイメージチェンジを図ってみた。

それが功を奏したか。


酸味が利いてさっぱりしたスープに生まれ変わり、

残っていた麺があっという間に胃袋へと流れ込んでいった。


久しぶりの400gであったが、
苦しむことなく余裕をもって完食できた


初めのうちは味のしないスープであったが、

食べているうちにスープのだしがじわじわとにじみ出てきて、

なかなか手の込んだ奥の深いスープであったように思えてきた。


次回、辛つけ麺のリピートはないと思うが、

HAGGYへのリピートはしてみたいと思えるお店だった。

ご馳走様でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京都調布市の柴崎で本格豚骨ラーメンが食べれる店秀華 [東京都調布市]

柴崎の閑静な住宅街には場違いとも思える豚骨臭[猫]


これは近隣住民にはかなりの被害があると思われたが、

店に入るとそんな気配は微塵も感じなかった[ー(長音記号2)]


店内はカウンターが10席程度[1][0]

感じの良いマスターとおばちゃんの二人で切り盛りしているようだった
[レストラン]

そして何より、

何気なく頼んだ豚骨ラーメンが抜群にうまかった[グッド(上向き矢印)]

しかも本格的な九州豚骨で

まるで博多の屋台で食べているような感覚だった[exclamation×2]


DSC_1164.JPG
これは、、うまいですね。

そして大きいチャーシューはとろけるおいしさ。


カウンターに用意されている

紅ショウガとゴマを載せれば

本格豚骨ラーメンの出来上がり[いい気分(温泉)]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

柴崎亭塩煮干しそば+ワンタン950円 [東京都調布市]

柴崎亭2度目の訪問。

前回、塩煮干しそばを注文している人が多かったため、

初めての塩煮干しそば+ワンタン(950円)をオーダー。

DSC_0014_2.JPG

スポンサーリンク






サイズは普通盛りしかなかったため、

少々コスパは中華そばよりは劣る。

スープは見た目通り、透き通っていて、しっかりと煮干しの味がして濃厚。

油は浮いているものの脂っこさはない。

よって、若干パンチに欠けるかもしれないが、

そこはワンタンとチャーシューでカバー。

中華そばとチャーシューごはんで700円のコスパの方が満足感が得られる。




柴崎亭が東京一である理由がわかる絶品ラーメン [東京都調布市]

つつじヶ丘に移転して中々行く機会がなかったが、

念願の柴崎亭に来訪。

券売機にはいろいろメニューがあったが、

初めてと言うこともあって、

一番ノーマルそうな中華そばを購入。

DSC_0001.JPG

スポンサーリンク






なんとも芸術的なラーメン

見た目の美しさにパシャリ

そして中盛りで600円はコスパがいい。

スープはあっさり鰹節系でこくと旨味がはんぱない。

ピンクがかったチャーシューも

柔らかくて旨い。

柔らかいローストビーフのような感じ。

どこをとっても最高クラスのラーメン。

リピーター決定!


周りの人は、塩煮干しそばをよく注文していた。

次回はそれを食べてみたい。


前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。